無月経

むげっけい

周期的な月経が発来すべき年齢層の女性において、一定期間月経がない状態をいいます。無月経は、「原発性無月経」と「続発性無月経」に分類されます。「原発性無月経」とは、18歳をすぎても初経がみられない状態をいい、「続発性無月経」とは妊娠や閉経、出産後の授乳期などの生理的な無月経ではなく、病的な原因によって、これまであった月経が止まってしまうことをいいます。

続発性無月経はストレス、環境の変化、無理なダイエットなどで女性ホルモンのバランスを崩すことで起こるケースもあります。

無月経は放置する期間が長ければ長いほど、治療にかかる時間も長くなってしまいます。無月経が長期間続くと、閉経後に起こりやすい問題が起こることがあります。例えば、骨密度の低下(骨粗しょう症)、ホットフラッシュ(ほてり)、腟の乾燥、心臓と血管の病気のリスクの上昇などがあげられます。

健康な女性でも疲労やストレスで短期的に月経不順になることはよくあります。しかし、まれにではありますが、女性ホルモンをコントロールする脳下垂体やほかの病気が原因のこともあります。妊娠ではないのに無月経が3ヵ月以上続く場合は、早めの婦人科受診が望まれます。

関連用語:

関連記事