基礎体温

きそたいおん

生命維持に必要最小限のエネルギーしか使っていない安静状態にあるときの体温をいいます。つまり、寝ているときの体温のことですが、眠っているときに自分で体温は計測できないため、朝目覚めた直後に起き上がらず、安静な状態で、婦人体温計で計測したときの体温を基礎体温としています。正確な体温を測るため、舌の裏の奥にあるスジ(舌小帯)の真横に体温計の先端をあてるのがよいとされています。

正常な排卵が行われている成熟期の女性の体温は、一定の周期で、排卵を境に「低温相」と「高温相」の二相性を描くという特徴があります。体温が二相を描くということは、女性ホルモンが正常に分泌されている証拠となります。月経が28日周期の場合、低温期と高温期は約半分ずつ、つまり約14日間ずつあります。

基礎体温の周期は、月経がはじまると体温が下がり、低温期に入ります。低温期の卵巣ではエストロゲンが分泌されており、子宮内膜が増殖していきます。排卵は多くの場合、低温期の最終日から高温期第1日目の間に起こります。排卵が起こり、卵胞が黄体に変化すると、黄体ホルモンの分泌によって体温が上昇します。排卵すると体温は0.3~0.5℃上昇し、次の月経がはじまるまでの約2週間は高温期が続きます。2週間が経過しても高温期が続き、月経がはじまらなければ、妊娠の可能性が考えられます。また、体温が上がらずに低温期が続き、そのまま月経が開始するようであれば、排卵が起きていない可能性(無排卵月経)もうたがわれます。

基礎体温を記録して、自分の体の状態を知るには、1周期だけでなく、2~3周期は確認することが望ましいとされます。なぜなら、1周期だけでは平均的な体調が判断できないからです。初めの1か月で二相に分かれていなかったとしても、それだけでは判断できないこともあります。

基礎体温は、排卵日の予測、次回の月経の予測、不妊症の検査や妊娠の診断、避妊など、さまざまな目的に用いられます。基礎体温表をつける場合、備考欄に、月経開始日、終了日、頭痛や腹痛、出血、だるさやむくみなどの不調、薬の服用、セックス、おりものの量などもあわせて記録しておくと、婦人科への通院時に大切な資料となります。

関連用語:

関連記事