乳腺症

にゅうせんしょう

乳腺症は、30~40代女性に発生しやすい良性のしこりです。原因は、乳腺の発育に影響を与えているエストロゲンの過剰状態と考えられており、閉経後の女性では急激に減少します。

「乳腺炎」と病名は非常に似ていますが、細菌の感染や、授乳期に乳汁が詰まっておきる乳腺炎とはまったく別のものです。

乳腺症の症状である乳房の痛みとしこりは、片側または両側の乳房にみられることがあります。また、乳頭から分泌物がみられたり、のう胞(液体のたまった袋状のしこり)ができたりすることもあります。これらの症状は多くの場合、月経前にしこりが大きくなったり、乳房の痛みが強くなったりしますが、月経がはじまると症状が軽減します。

症状が軽い場合は特に治療を必要としないことが多いですが、乳がんとの鑑別も非常に大事なため、乳房にしこりを発見したり、乳房に痛みを強く感じたりする場合は、乳腺外科を受診することがすすめられます。

関連記事