チョコレートのう胞

ちょこれーとのうほう

チョコレートのう胞(漢字で書くと嚢胞)は、子宮内膜症のひとつです。子宮内膜症が卵巣内に発生してできるのが卵巣チョコレートのう胞です。

卵巣に子宮内膜症ができた場合、子宮内膜と非常によく似た組織が、卵巣内で増殖と出血を繰り返し起こします。その結果、卵巣に古い血液が溜まり、チョコレートのようにどろどろした状態になってしまうため、この名がついています。

血液がたまった結果、卵巣がふくれ、卵管などと癒着すると、痛みや不妊の原因となります。まれに破裂した場合は激痛を伴います。約1パーセントががん化するといわれており、定期的に検査を受けることが必要です。

エストロゲンに依存する疾患であるため、初経から閉経までの生殖可能年齢の女性に発症します。卵巣に病巣を形成する以外にも、膀胱、直腸などの腸管、肺、皮膚にも発症することがあります。治療は子宮内膜症と同様にホルモン治療や手術療法を行います。

関連用語:

関連記事