避妊

ひにん

妊娠を望まない場合に、薬剤や器具を使用して妊娠を防ぐことをいいます。コンドーム、ピル(経口避妊薬)、子宮内避妊器具(intrauterine device: IUD)、子宮内システム(intrauterine system: IUS)、ペッサリー、基礎体温法などが使われます。

なお、腟外射精法(性交中絶法)は、男性が射精する直前にペニスを腟から抜去して、腟の外に射精する方法ですが、これは実際には避妊法とはいいがたいほど失敗の多い方法です。男性の勃起したペニスからはカウパー腺液という分泌物が出ており、このなかに精子が含まれているため、射精の前に取り出しても精子が女性の腟内に入ることを止められないからです。

妊娠を希望しない場合に妊娠してしまった場合は、人工中絶という選択もありますが、女性の心と身体に大きなダメージを与えるため、できる限り避けることが望まれます。

コンドームが破れたことなどによる避妊の失敗や、レイプなどによって望まぬ妊娠の可能性に直面した場合には、性交後に内服して妊娠を回避する緊急避妊薬(アフターピル)が使用されます。緊急避妊薬は、性交後72時間以内に服用するもので、保険が適用されないため、自費負担になります。

関連用語:

関連記事