デーデルライン桿菌

でーでるらいんかんきん

デーデルライン桿菌とは、腟の中に常在して腟内の環境を整える役割をもつ乳酸菌です。デーデルライン桿菌のはたらきで、腟粘膜は酸性に保たれており、外部からの細菌の侵入を防ぎ、腟に自浄作用をもたらしています。おりもののにおいがかすかに甘酸っぱいのは、デーデルライン桿菌のためです。

生活の乱れやストレスにより、デーデルライン桿菌の活動は低下することがあると考えられています。おりものシートを長期間つけっぱなしにすることや、逆に頻繁に洗いすぎることなどがデーデルライン桿菌の減少の原因になります。また、加齢によってもデーデルライン桿菌は減少します。その結果、自浄作用が低下し、細菌感染が起こりやすくなります。これを、老人性腟炎または萎縮性腟炎と呼びます。

関連用語:

関連記事