高齢妊娠/高齢出産

こうれいにんしん/こうれいしゅっさん

WHOをはじめとする諸国で、高齢出産とは35歳以上で初めて出産することと定義されています。また、日本産科婦人科学会では 35 歳以上の初めての妊娠を「高齢初産」と定め、妊娠初期から十分な妊婦の管理が必要であるとしています。日本では、晩婚化や女性の社会進出が進んだ結果、高齢妊娠や高齢出産が増加したといわれています。

高齢出産であることは、親が経済的、精神的に安定していることが多いなど、メリットも指摘されています。他方、人間の体を生物学的にみると、「妊娠適齢期は35歳ごろまで」などといわれることもあります。なぜなら、女性は35歳前後から卵巣の機能が低下し、さまざまな影響が出てくるからです。妊娠する力は、35歳を過ぎてくるとだんだんと下がりはじめ、40歳を過ぎると妊娠はかなり難しくなります。また、妊娠が成立したとしても流産率が高くなります。流産率は40歳では20~30%、45歳では30~50%程度といわれています。

高齢出産の場合、妊娠高血圧症候群や腎臓への障害、妊娠糖尿病など、母体にもさまざまなリスクが高まります。また分娩の際も、若い女性に比べ産道の伸展性が乏しくなっているため、難産になりやすく、帝王切開率の上昇につながっているといわれています。そのほかに、ダウン症に代表される染色体異常が起こる確率が高まるなど、胎児への影響も指摘されています。

関連記事