子宮内膜症

しきゅうないまくしょう

子宮内膜症とは、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜あるいはその類似組織が、卵巣や卵管などの子宮以外の場所に発生する場合をいいます。別の場所に発生した内膜も、本来の子宮内膜と同じように、月経のサイクルで女性ホルモンの影響をうけ、増殖や出血を繰り返しますが、増殖した内膜や血液は体外に排出することができないため、その場所で溜まり、月経のたびに炎症を起こし、月経痛となります。やがて溜まった組織は周囲の臓器や組織と癒着を起こしてさまざまな症状を引き起こし、ほとんどの場合、閉経するまで少しずつ進行していきます。腹膜、卵巣の深部、あるいは臓器の癒着などといったさまざまな状態を起こします。

初期は、自覚症状はほとんどないものの、月経のたびに病巣は少しずつ広がり、月経痛が次第にひどくなっていくのが特徴です。進行すると月経の時以外にも下腹部痛や腰痛、さらに排便痛や性交痛を感じるようになります。月経時にはこれらの痛みがさらに悪化し、寝込んでしまう場合もあります。

近年、子宮内膜症は増加が指摘されています。多くは20代半ばで発病し、35歳くらいでピークに達します。子どもを産み育てる世代にある女性の5~10%は子宮内膜症に罹患しているともいわれています。また、不妊の女性の30%程度は子宮内膜症を合併しているといわれ、不妊治療が飛躍的に進歩した現在でも大きな課題となっています。

40代後半の閉経期を迎えると、子宮内膜症の患者は急速に減少します。閉経を迎えると卵巣からのホルモン分泌がなくなり、子宮内膜症の症状も治まってくるためです。

子宮内膜症は良性の病気で命にかかわることはないため、閉経が近ければ、症状の様子をみて治療方針を決めていくことになります。治療法は大きく分けて手術療法と薬物療法がありますが、どの方法をとるかは症状の程度や年齢、妊娠出産を希望するかどうかで異なります。

関連記事