エストロゲン

えすとろげん

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、おもに卵巣から分泌されるホルモンです。卵子のもととなる原始卵胞が発育する過程でつくられることから、卵胞ホルモンとも呼ばれています。また、エストロゲンには心とからだを整える役割があることから、通称「美人ホルモン」、「美肌ホルモン」などとも呼ばれています。

エストロゲンは、妊娠に備えるはたらきをするホルモンといえます。その主なはたらきは子宮内膜を増殖させることや、排卵期の子宮頚管の分泌液を増やして、精子が子宮の中に入りやすくすることなどです。排卵前になると透明なおりものが増えるのはそのためです。また、妊娠中は乳頭や乳管を大きくしたり、乳汁を分泌させなくしたりするはたらきもあります。

エストロゲンの分泌は月経終了時から増えはじめ、排卵前にピークを迎えます。その後、減少しますが、新たな卵胞が成熟するときには再び増えるというサイクルを毎月繰り返します。月経後、エストロゲンの分泌がピークを迎える排卵前までは、イライラが落ち着く、むくみが取れてからだが軽くなるなど、体調が上向きになる女性が多く、エクササイズやダイエットに適した時期ともいわれています。

このようにエストロゲンは、妊娠・出産などに重要な役割を果たすだけではなく、女性の健康にさまざまな作用を発揮しているホルモンといえます。さらには、血管を丈夫にして動脈硬化を予防したり、骨粗しょう症を防いで骨量を調節したりするほか、代謝を促したり、自律神経を整えたり、頭の働きを活発にしたりするなどの役割も果たしている、女性にとって重要なホルモンなのです。

更年期のころから卵巣機能低下にともない、分泌量は少なくなります。

関連用語:

関連記事