性腺刺激ホルモン

せいせんしげきほるもん

性腺刺激ホルモンは、ゴナドトロピンともいいます。黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の2種類からなることが知られています。

そのメカニズムは以下のとおりです。まず「性腺刺激ホルモン放出ホルモン(gonadotropin releasing hormone: GnRH)」というホルモンが視床下部から分泌されて脳の下垂体を刺激すると、下垂体から性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)が分泌されます。FSHやLHは血流に乗って卵巣まで移動し、卵胞の発育や成熟に関与します。

正常な月経周期が営まれるよう、ホルモン分泌はフィードバック機構によりコントロールされています。すなわち、血中のホルモンの濃度の上昇や低下により、FSHとLHの分泌が抑制されたり、促進されたりするはたらきです。

関連用語:

関連記事