ホルモン補充療法

ほるもんほじゅうりょうほう

ホルモン補充療法とは、更年期に急激に減少するエストロゲンを補うことで、更年期の身体的・精神的な症状を改善する治療方法のことです。内服薬、貼り薬、塗り薬、腟坐薬などの種類があります。

ホルモン補充療法で改善されるおもな症状は、のぼせ、ほてり、発汗などの血管運動系、動悸などの自律神経系の不調です。また、エストロゲンの効果で骨量が増えることから、骨粗しょう症の予防にもなります。動脈硬化予防、脂質代謝の改善、さらに腟の萎縮症状を減少する効果や、更年期のうつ症状を軽減する作用も期待できます。

ホルモン補充療法の副作用として、乳房や下腹部の張り、不正性器出血が挙げられます。ただし、治療開始後しばらくすると軽くなることが多い症状とされています。

この治療方法の目的は、急激に減少するエストロゲンを必要最小限に補充することですが、子宮内膜の増殖を防ぎ、子宮からの出血や乳房の張りなどの副作用を避けるため、黄体ホルモンもあわせて補充されます。2種類のホルモンの補充量は、年齢や閉経の有無、子宮の有無などによって決められます。ホルモン補充療法を受ける前に、婦人科で既往症の確認や検査をすることが重要です。

関連用語:

  • 更年期
  • 更年期障害

関連記事