子宮鏡

はいらんび

婦人科の検診で使われる道具のひとつです。子宮内部を観察する細い内視鏡のことで、子宮の入り口から挿入します。腟を通して子宮の入り口から子宮の内腔へ子宮鏡を挿入して、子宮内腔の様子をモニター(画面)に映し出すことができます。子宮筋腫や子宮体がんなどの病変の様子を調べるために使われます。通常の検査の場合、痛みは少なく、麻酔も必要ないとされます。

また、子宮鏡で子宮内部を観察しながら、子宮筋腫や子宮内膜にできたポリープなどを子宮鏡の先端にある電気メスを操作し切開・切除する手術を子宮鏡手術といいます。腟から内視鏡を挿入するため、開腹手術と比較し、体への負担が少ない手術とされます。

関連記事