不正出血

ふせいしゅっけつ

不正出血は正確には不正性器出血といいます。月経以外に腟、外陰部、子宮などから異常出血が起こることをさします。出血の量や状態はさまざまで、ごく少量のこともあれば、だんだんとひどくなる場合もあります。また、月経であっても、いつもより極端に量が多かったり少なかったりする場合や、長すぎる月経期間、短すぎる月経期間、また不定期に繰り返される場合なども不正出血と考えられます。

不正出血は腟や子宮、卵巣などの病気を原因とする場合と、特に原因となる病気がない場合があります。病気以外の原因としては、ホルモンバランスの乱れ(機能性出血)で、この場合はホルモン療法で治療します。また、排卵日付近に出血することもありますが、これは排卵期にエストロゲンの分泌が急激に変化するために起こるもの(排卵期出血)であり、異常ではありません。排卵期の出血が考えられる場合は、基礎体温をつけることにより、卵巣機能の確認をします。

一方、不正出血の原因となる病気はたくさんあります。代表的なのは、腟炎、子宮筋腫、子宮内膜炎、子宮頚がん、子宮体がんなどです。なかでも腟炎や子宮腟部びらん、子宮頸がんなどの場合には、性交の刺激によって腟内部や子宮頸部からの出血が起こりやすくなります。また、妊娠初期にも出血することがあります。

いずれも、不正出血があった場合は早めに出血の原因と部位をはっきりさせることが大切です。長期間放置しておくと貧血になったり、重大な病気の進行を見逃したりする恐れがあるからです。

関連記事