更年期症状/更年期障害

こうねんきしょうじょう/こうねんきしょうがい

閉経前後の時期にあらわれるさまざまな心身の不調を、更年期症状といいます。更年期症状の中でも日常生活に支障をきたす病態を、更年期障害と定義しています。更年期症状と更年期障害の主な原因は、卵巣機能の低下によるエストロゲン分泌の急減のほか、加齢に伴う身体的変化、精神・心理的な要因、社会文化的な環境因子などが複合的に影響することにより症状があらわれると考えられています。

おもな症状は、ホットフラッシュ(顔ののぼせ、ほてり)、発汗などの症状です。冷え、めまい、耳鳴り、頭痛、動悸、息切れ、イライラ、不安感、不眠、抑うつ、無気力、肩こり、腰痛、関節痛、疲労感、皮膚症状(乾燥、かゆみ、湿疹など)、腟の乾き、性交痛、頻尿、尿失禁、膀胱炎などです。これらの症状の強さや期間は個人差が大きく、トラブルが少ない人もいれば、つらくて寝込むほどの人もいます。あらわれる年齢もまちまちです。

症状がひどく、日常生活に支障がある場合、婦人科を受診して適切な治療を開始することが必要です。

関連記事