更年期

こうねんき

閉経前の5年間と閉経後の5年間とをあわせた10年間をさして、更年期といいます。これは、卵巣がその機能を徐々に低下させる期間です。一般的には45歳~55歳が更年期にあたります。

卵巣機能の低下に伴い、血中のエストロゲン濃度が低下することに関係して、月経の持続日数が変化する、月経周期が不規則になる、経血量が変化するなど、月経の様子に変化があらわれます。こうした変化を感じられたら、更年期のサインと考えられます。いわゆる更年期障害といわれる症状があらわれる人もいますが、その強さや期間には個人差があります。

関連用語:

関連記事