月経痛

げっけいつう

月経痛は、月経時に生じる下腹部痛のことです。一般に「生理痛」の名称で知られています。

はがれた子宮内膜を押し出すために子宮が収縮することが原因で、痛みが生じます。この作用は、子宮内膜で生成されるプロスタグランジンというホルモンに似た物質によって起こります。プロスタグランジンは子宮を収縮させ、不要になった粘膜を血液とともに体外に押し出す働きをしますが、過剰なプロスタグランジンの分泌があると、必要以上に子宮が収縮し、月経痛の要因となるのです。また、体の冷えや疲れ、精神的なストレスにより、月経痛が感じられやすくなることがあります。

子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮の病気が原因で月経痛が起きている可能性もあるため、月経のたびに起き上がれないほど痛みがひどくなる場合は、婦人科への早めの相談がすすめられます。

関連用語:

関連記事