ピル

ぴる

ピル(oral contraceptives: OC)は、経口避妊薬とも呼ばれ、避妊の目的で服用される、一日一錠ずつ飲む薬剤です。排卵を抑制することで避妊の効果が得られ、飲み忘れなければ避妊効果はほぼ100%といわれています。

ピルは1錠中に、エストロゲンと、黄体ホルモンに似た作用を示すプロゲストーゲンの2種類のホルモン剤が配合されており、1服用周期21錠で構成されています。飲み忘れを防ぐため、ホルモン剤の含まない偽薬7錠を加えて、1シート28錠にしているものもあります。

避妊以外の利点は避妊の効果だけでなく、避妊に対して女性が主体的になれること、月経を自分の好きな日に移動できること、月経痛がやわらぐ、月経量が減る、ニキビがきれいになるなどのことがあります。月経困難症の治療にも用いられることがあります。

ホルモン量が多い中用量ピルに代わり、最近では少ないホルモン量で副作用が少なく、かつ避妊効果が確実な低用量ピルがよく使われるようになりました。さらにホルモン量を少なくした超低用量ピルも開発されています。

日本では何種類かの低用量ピルが承認されていますが、服用には医師の処方箋が必要なため、一般的な薬局やドラッグストアで購入することはできません。

ピルを服用している際には妊娠中と似たようなホルモンの状態になっているため、吐き気やおりものの増加、乳房が張るなどの副作用が出ることがあります。

関連用語:

関連記事