月経前症候群

げっけいぜんしょうこうぐん

月経前症候群(premenstrual syndrome: PMS)は、「月経前 3~10 日のあいだに続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減弱あるいは消失するものをいう」と定義されています。次の月経前にまた同じ症状があらわれるというパターンを繰り返します。

症状は多岐にわたります。イライラや憂うつ、意欲減退、不安感などの精神症状もあれば、下腹痛や頭痛、むくみ、乳房の痛み、にきび、吹き出物などの身体症状、食欲が抑えられなくなったり、眠気におそわれたりなどのこともみられます。

初経前または閉経後の女性、卵巣を摘出した女性、月経中の女性には発症しないことから、排卵後の女性ホルモン、特に黄体ホルモンの産生と消退が月経前症候群の要因となっていることが推察されています。また、精神的なストレスや疲れがたまっている場合に月経前症候群の症状がひどくなるともいわれています。日常生活に支障をきたす場合には、早めに婦人科を受診することがすすめられます。

治療は、それぞれの症状に応じて鎮痛薬や精神安定薬、整腸剤などを処方する対処療法がおもに行われています。漢方療法が用いられることも多々あります。また、このような疾患があるということを知ることや、適度な運動やリラックスを取り入れることで症状が和らぐケースもよくあります。

関連用語:

関連記事