黄体ホルモン

おうたいほるもん

エストロゲン(卵胞ホルモン)と並び、女性ホルモンと称されるホルモンです。プロゲステロンとも呼ばれます。エストロゲンが妊娠に備えるホルモンであるのに対し、妊娠の成立や、維持のために働くホルモンといえます。

卵巣にある、排卵後の卵胞である黄体から分泌されます。排卵日の少し前から増えはじめ、排卵後、受精卵が子宮内膜に着床しやすくなるように、子宮内膜を厚く、やわらかくしたり、乳腺による乳汁の分泌を準備させたりします。

子宮内膜に受精卵が着床し、妊娠が起これば、胎盤ができあがるまで黄体ホルモンは分泌を続け、妊娠に適した子宮の状態を保ちます。一方、妊娠が起こらなかった場合は、約14日後に黄体ホルモンの分泌は止まり、不要になった子宮内膜は体外に排出されます。これが月経(生理)です。

また、黄体ホルモンには基礎体温を上昇させるはたらきがあります。女性の基礎体温が排卵後には上昇し、月経がくると下がるのも、黄体ホルモンの作用によるものです。

黄体ホルモンはこのほかに、乳腺の発育を促進するはたらきや、利尿作用もあります。黄体ホルモンの分泌が多い月経前には、食欲が増進したり、むくみやすくなったり、イライラしたり、眠くなったりするなどの不調も起こりやすくなっています。

関連用語:

関連記事