プロスタグランジン

ぷろすたぐらんじん

プロスタグランジンは、ホルモンに似た物質であり、生理痛の大きな要因となっています。子宮内膜で多量に産生され、子宮の収縮を促して月経血を身体の外に排出する役割を果たし、子宮内の神経を痛みに敏感にさせる作用があります。

プロスタグランジンは、月経直前から前半まで急激に増加します。プロスタグランジンの分泌量が多すぎると収縮が強くなり、下腹部にキリキリとした痛みが発生します。血管を収縮させる作用もあるため、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にもなります。陣痛時の痛みもプロスタグランジンが原因です。

関連リンク

関連記事