性感染症

せいかんせんしょう

性行為などによって感染する病気を総称して、性感染症と呼びます。以前は性病とよばれていましたが、現在は法改正により、性感染症やSTD(sexually transmitted disease)またはSTI (sexually transmitted infection)という名称で呼ばれるようになりました。

病気の元になる菌やウイルスは、性器の周辺、精液、腟分泌物、血液などにいて、セックスなどによって感染します。

主な性感染症は、淋病、クラミジア、雑菌性尿道炎、梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、腟トリコモナス症、腟カンジダ症、B型肝炎、HIVウイルス感染などです。10代~20代を中心に増加傾向にあります。また、子宮頸がんの原因とされるHPV(ヒトパピローマウイルス) も性行為によって感染します。性感染症は、性経験があれは誰でもかかりうる疾患です。性器による性交だけでなく、オーラルセックス、ディープキスなどによっても感染します。

ほとんどの性感染症は、自覚症状がありません。特にクラミジア感染症は、男女共に、ほとんど症状がありません。長期間感染した状態のままでいると、卵管の閉塞により、不妊症の原因になったり、流産・早産の原因になったりすることもなります。

性感染症は、予防すればかなりの確率で感染は防げます。たとえば、コンドームを着用する、出血のおそれがある性行為をしないといった基本的な知識を持っていれば、予防できる病気もあります。

関連記事