過少月経

かしょうげっけい

過少月経は、月経の出血量が異常に少ない状態をいいます。量は、通常20 mL以下とされていますが、これはあくまでも目安であり、本人の主観によって判断されます。場合によっては、茶色のおりもの程度の出血しかない場合もあります。

一般的には、生理2日目の出血量が最も多いとされているため、2日目でもナプキンに経血が付着する程度でナプキンを交換する必要がほとんどなかったり、あるいは生理が2日で終わってしまったりする場合などは、過少月経の可能性がうたがわれます。

過少月経は過多月経と異なり、本人が生活上の困難を感じにくいため、見過ごされることも多くあります。しかし、ホルモンバランスの乱れや子宮の異常が原因であることも考えられるため、早めに婦人科で検査を受けることがすすめられます。

関連用語:

関連記事