子宮腺筋症

しきゅうせんきんしょう

本来は子宮の内側を覆う内膜組織が、子宮筋層(筋肉)内にできてしまった状態をいいます。以前は内性子宮内膜症とよばれていました。

症状としては強い月経痛、下腹部痛、貧血、月経時以外の出血などがみられます。激しい月経痛と経血量の多さで寝込んでしまう人もおり、月経のたびに症状がひどくなっていきます。また病気が進行するにつれて子宮の壁が徐々に厚く、硬くなり、子宮自体も大きくなります。その結果、月経時にレバー状のかたまりが出るなど、経血量が増え、貧血を起こすこともあります。

子宮腺筋症は30代~50代に多く発生しますが、決定的な原因は不明です。エストロゲンが内膜組織の発生や増殖に関係しているため、思春期前や妊娠中、閉経後の女性にはほとんどなく、月経のある女性に起こります。40歳前後で、激しい月経痛などがある場合は注意が必要です。

しばしば子宮筋腫を併発します。治療はホルモン療法や手術療法、および両者の併用療法が行われます。

子宮筋腫と同じように、女性ホルモンが低下すると子宮腺筋症の病変は小さくなっていき、症状は消失します。そのため、無症状~症状が軽度の場合の治療は不要とされます。症状が強い場合でも、閉経までホルモン療法で付き合っていければ、閉経後は治療が不要の場合もあります。

関連用語:

関連記事