子宮下垂

しきゅうかすい

子宮が正常な位置より下がっている状態をいいます。骨盤の中にある子宮を支える筋肉が緩んでしまい、子宮の一部または全部が腟から脱出してしまう病気であり、下がり方が大きく、腟口より外に一部でも出ていると「子宮脱」と呼ばれます。腹圧がかかると下垂が進むため、長時間立っていたり重い荷物を持ったりすることなどは避けた方がよいとされます。

子宮下垂・子宮脱は、分娩や外科手術などの理由でダメージを受けていた骨盤底筋が、加齢に伴い弱くなり、臓器を支えきれなくなることで起こります。自然分娩、特に経腟分娩の回数が多いほど起こりやすく、程度の軽いものも含めると、出産経験のある女性の4割に症状があるといわれています。分娩後すぐに発症することは少なく、閉経を迎えるころから60歳代にかけて起こることがほとんどです。

多くの場合、子宮が下がるときは、腟・膀胱・直腸などの隣接した臓器とともに下がり、ひどくなると腟は裏返ってしまうこともあります。程度が軽ければ、治療する必要はなく、軽い子宮下垂くらいの状態では、無症状です。しかし、脱出した子宮の影響で日常生活に支障がある場合や、尿が出にくいといった症状がある場合は治療が必要となります。程度が軽い場合は、骨盤底筋の運動によって改善することも多くあります。

関連用語:

関連記事