ちつ

腟は女性生殖器の一部で、外陰と子宮頸部との間にある長さ7~10cmほどの管状の器官です。その壁(腟器)は腟粘膜でおおわれています。子宮からの月経血や粘液を排泄するときの通り道であり、出産時の産道でもあります。また、精子を子宮に導く役割もあります。腟内はデーデルライン桿菌のはたらきによって酸性に保たれ、細菌の侵入・繁殖を防ぐようになっています。

腟は、上方で子宮につながっています。腟の奥に一部飛び出している子宮の最下端の部分を子宮腟部といいます。その中心には小さい穴があり、これを子宮口といいます。月経血は、ここから腟へと流れていきます。子宮口は出産時に約10cm開きますが、普段は閉じています。月経痛は、小さい子宮口から腟へと月経血を押し出そうとするため、子宮の筋肉が収縮するために起こるものです。

関連用語:

関連記事