腟カンジダ

腟カンジダはカンジダ症とも呼ばれ、腟の中にいるカンジダ菌が増殖し、おりもの・かゆみ等の不快な症状をおこす病気のことです。女性の約20%が経験する、女性特有の病気でもあります。

カンジダ菌自体は、真菌といわれる微生物で、いわゆるカビの一種です。健康な女性でも皮膚、口の中、消化管、腟に存在する常在菌(じょうざいきん)です。この菌は健康な状態のときは、腟の自浄作用によって炎症を起こすほど繁殖することはありませんが、病気などでからだの抵抗力が落ちると増殖をはじめ、腟に炎症を起こします。風邪や疲労、ストレス等、日常生活において免疫力が低下したり、妊娠や出産、抗生物質の使用などで常在菌のバランスが崩れたりすることや、ホルモンの変化等によって、腟の中でカンジダ菌が増殖し、発症します。また、体調の変化によって再発しやすいともいわれています。

腟カンジダの症状は、外陰部がかゆくなり、ひどくなると外陰部から肛門の周辺まで熱をもったような感じがします。排尿時にしみることもあります。デリケートゾーンを石けん等で強く洗うと、刺激によって炎症がひどくなり、さらにかゆみが強くなります。おりものはカッテージチーズ状の白いぽろぽろとした状態になり、いつもより量が増えます。

治療薬には、腟内に挿入する抗真菌薬や、炎症を起こした外陰部に塗る軟膏が使われます。治療をはじめると、3~4日で症状は軽減しますが、菌が検出されなくなるまで7~10日ほどは治療を継続する必要があります。

カンジダ菌はあたたかい湿気を好むため、乾燥した衣類の着用やからだを乾かすことで繁殖防止になります。通気性の良い綿の下着やゆったりとした洋服を着用すること、シャワーや入浴の後には完全にデリケート部分を乾かすこと、濡れた水着や湿った衣類はすぐに着替えることなどがケアの方法です。

関連記事