今こそ月経カップや吸収型サニタリーショーツにトライする絶好のチャンスかも

2020.03.26
今こそ月経カップや吸収型サニタリーショーツにトライする絶好のチャンスかも

世界的な新型コロナウイルス感染拡大が止まらないなか、日本でも今後どのような展開になるのかわからないとても不安な日々が続いています。

全国でマスクやアルコール消毒液がドラッグストアから消え、生活必需品であるトイレットペーパーやティッシュペーパー、生理用ナプキンなども各地で品薄状態となっています。

 

コロナウイルス感染拡大によるトイレットペーパー不足 都内のドラッグストア。トイレットペーバーの在庫はゼロ(2020年3月26日時点)

 

 

 

コロナウイルス感染拡大の影響による生理用品が品薄 都内のドラッグストア。生理用品は品薄状態(2020年3月26日時点)

 

トイレットペーパー不足については、水がある限りは、特に日本ではウォッシュレットをフル活用することで、なんとかやり過ごせそうです。

しかし、生理は排尿や排便のようにコントロールできるものではないため、どうしても何らかの生理用品が必要です。

今後さらに外出がしにくくなったり、生理用品が不足したりするかもしれないことを考えると、今こそ月経カップ(生理カップ)吸収型サニタリーショーツを導入するチャンスかもしれません。

実際に、ここ数日間のSNSにも、

「やっぱり月経カップは快適、経済的、エコ。巷では生理用品も売り切れてたりするけど、そんなことに悩む必要が減った変化も嬉しい!」

「生理用品がスーパーの棚から消えているので、この機会に生理カップを試します。前々から気になっていたので。環境に優しいのをはじめ非常時に生理用品の買い占めに気を揉まなくてよくなるのはとてもありがたいです。煮沸消毒できるので災害用品のなかに入れておくのもよいと思います。」などの声がありました。

関連記事:

災害時の生理ケアについて考えておこう

 

月経カップ(生理カップ)とは?

月経カップとは、医療用シリコーンやゴムでできたカップ型の生理用品で、腟に挿入して使用します。

エヴァカップスーパージェニーなどの主な月経カップは、下部にステム(茎)部分がありワイングラスのような形をしています。

月経カップ

カップはタンポンのように血液を吸収するのではなく、血液を溜めるもので、サイズにもよりますが、タンポン3本〜4本分を溜めることができます。

ナプキンやタンポンとは違い、繰り返し使えるため、正しくお手入れすれば、医療用シリコーン製の月経カップは数年間〜10年間使用することができます。

ブランドによっては、説明書に「カップは1年に1回新しい商品に交換することをおすすめします」という記載があります。その理由は、カップの耐久性については、使用する個人の使い方やお手入れ方法に影響を受ける可能性があるからです。

より長く使うためには、説明書に書かれてることに従い、正しく使いましょう!

また、ナプキンやタンポンの場合、3時間〜8時間に1回は交換しなければなりませんが、エヴァカップやスーパージェニーの場合には、最長12時間まで使用できるため、長時間生理を忘れることができます。子育てや仕事などに忙しい女性にはうれしいポイントですよね。

関連記事:

新しい生理用品「月経カップ」とは?メリットとデメリット

月経カップ選びに役立つ!生理カップのデザインと機能を徹底解説

気になる月経カップの評価は?ユーザーのレビューをご紹介 ①

 

吸収型サニタリーショーツとは?

吸収型サニタリーショーツとは、従来の生理用ショーツとは違い、ショーツ自体が経血を直接吸収してくれるため、ナプキンやタンポンなどの生理用品が必要ありません。

エヴァウェアの吸収量は、およそタンポン2本分(20ml)くらいです。

サニタリーショーツ

 

生理が始まったばかりの小中学生や月経カップはちょっと不安という方でも、エヴァウェアはいつものショーツと同じように履くだけなので、おすすめです。

生理が始まりそうなときや終わりかけのときには、エヴァウェアを履くだけでOKです。

経血量が多い人や多い日は、月経カップやタンポンと併用すると、1日中心地よく過ごせます。

吸収型サニタリーショーツも月経カップと同様に、洗って繰り返し使用できるので、生理用品の在庫をもつ必要がなく、今回のような生理用品の品薄の状況でも全く心配する必要がありません。

エヴァウェアのユーザーの方からは、「ナプキンかぶれがなくなった!」「朝起きて漏れていなかったことに感動!」という、うれしいレビューをたくさんいただいています。

関連記事:

ナプキンのいらない吸収型サニタリーショーツ。気になるけどゴワゴワしないの?

生理の血を吸収するナプキンいらずのサニタリーショーツの評価は?ユーザーのレビューをご紹介

生理の終わりかけにナプキンなしで過ごせる快適な方法とは?

漏れ、汚れはもう怖くない!本当におすすめのサニタリーショーツの使い方

 

家にいる時間が長い今こそ月経カップデビューしよう!

月経カップをおすすめする理由には、「女性の体にやさしい」「お財布にやさしい」「地球環境にやさしい」などたくさんありますが、今こそ月経カップにトライしてほしいと思う理由がひとつあります。

それは、コロナウイルス感染拡大の影響で、どうしても家にいる時間が長くなっていることです。

在宅ワークとなったり、子供の学校が休校となったり、あらゆるイベントや活動が延期や中止となったりして、長期間自由に外に出れず家にいることはストレスが溜まりマイナス要素ばかり目につきますが、この状況を最大限に活用できる前向きなことがひとつあるとすれば、月経カップデビューです!

私たちは、月経カップを初めて使用するときには、自宅のお風呂場で練習することをおすすめしています。

お風呂で挿入や取り出しができるようになったら、次は自宅のトイレで実践します。

その次のステップが、外出先の公共トイレとなります。

経血量が多い日には、日中にも1〜2回ほど、外出先の公共トイレでカップを空にして再挿入する必要が出てくるので、通常は、経血量が少なめの日や夜間のみにカップを使ってみることから始める人も多いです。

しかし、家にいる時間が長い今であれば、いつでも自宅のお風呂場とトイレを使えるので、いつでも月経カップの練習が可能です。

こんなチャンスは他にはないのではないでしょうか。

在宅ワークする女性

関連記事:

はじめて月経カップを使う前にやっておきたいこと①:月経カップの特徴や構造を理解する

はじめて月経カップを使う前にやっておきたいこと②:自分の体のしくみを理解する

はじめて月経カップを使う前にやっておきたいこと③:腟の外で行うイメージトレーニング

外出先の公共トイレで月経カップはどうやって交換するの?

 

まとめ

まだコロナウイルス感染拡大の影響がいつまで続くのかわかりませんが、最新のニュースによれば、少なくとも数ヶ月間続くことは明らかになってきています。

同時に私たち女性にとっては、生理用品を確保できるかどうかを心配することも数ヶ月間続くことになりそうです。

スポーツジムに行ったり友達と集まったりすることが制限されて、ひとりでまたは家族だけで家にこもる時間が長く、ネガティブな気持ちになりがちな今こそ、月経カップや吸収型サニタリーショーツを手に入れることで、ひとつでも不安要素をなくすことができるかもしれません。

今はどんなささいな安心感でも大切なものに感じます。

月経カップや吸収型サニタリーショーツが全員に適した選択肢ではないかもしれませんが、もし今のこのコロナウイルス感染拡大の影響によって、生理のケアについて不安や悩みがある方がいれば、ぜひ私たちカスタマーサポートに気軽に相談してくださいね。

少しでもみなさんの不安が減って気持ちが楽になれるよう、できる限りのサポートをさせていただきたいと思っています。

関連記事:

月経カップは本当に安全なの? 産婦人科医・宋美玄先生に聞く、月経カップの「気になる」を、一問一答。

月経カップがお母さんを救う?産婦人科医・宋美玄先生に聞く、子どもにわかりやすい性教育と、子育てママが月経カップを使うことのメリット

インテグロ編集部

女性の身体と健康、生理に関すること、月経カップや吸収型サニタリーショーツなどの新しい生理ケアの選択肢などの情報を配信しています。